ラグビー

79大会ぶり早実、9トライで大勝 高校ラグビー

2018/12/29付
保存
共有
印刷
その他

名護 3-55 早稲田実(全国高校ラグビー大会1回戦、12月28日)

前半、トライを決める早実・今駒=左(28日、花園)=共同

前半、トライを決める早実・今駒=左(28日、花園)=共同

79大会ぶりの出場で「(序盤は)地に足が着いていなかった」と大谷監督が振り返った早実。硬さを取るきっかけになったのがCTB植野で、ボールの上から相手選手に抱きつくタックルを見舞いターンオーバー、前半10分の逆転トライにつなげた。結局、今駒らが計9トライをあげて大勝した。

早大と同じえんじと黒のファーストジャージーを花園で着る夢の実現には、この日と同じく白のセカンドジャージーで臨む予定の流通経大柏戦に勝たないといけない。相良主将は「開会式で着ただけでは満足できない」と必勝を期した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

渡瀬氏は「スーパーラグビーの枠組みを考え直す動きはチャンス」と語る((C)JSRA 長岡洋幸氏撮影)

 南半球最高峰リーグのスーパーラグビー(SR)は新型コロナウイルスの感染拡大で3月半ばから中断している。日本のサンウルブズもほぼ活動停止に追い込まれた。チームは今季でいったんSRから除外される。集大成 …続き (20:06)

 日本ラグビー協会は4月から、ラグビー日本代表の最上位スポンサー「トップパートナー」として大正製薬と契約した。新設された最上位スポンサーで、1社限定。三菱地所も新たにスポンサーに就いた。昨年のワールド …続き (8日 17:02)

リーグ2位の9トライを挙げた神戸製鋼のナエアタ=共同

 新型コロナウイルスの感染拡大により、Jリーグやプロ野球のみならず、球技の国内リーグは軒並み中止・延期や無観客試合などの対応を迫られた。異常事態のシーズンで気勢をそがれたかもしれないが、苦境でも力を発 …続き (4日 22:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]