2019年6月18日(火)

遠い過去と現在の距離 戦後日本 不安の諸相 回顧2018 小説
文芸評論家 清水良典

批評
2018/12/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

来年の4月30日に天皇が退位することが決まった今年は、何かにつけて「平成最後の」が冠につく年となった。昭和生まれの人間としては、平成でさえ心が馴染(なじ)めないまま付き合ってきたのだが、30年間の日本と世界の変貌には恐ろしいものがある。昭和も含めたその年月を回顧するモチーフの作品が目についた。

(1)雪の階 奥泉光著(中央公論新社・2400円)
(2)宝島 真藤順丈著(講談社・1850円)
(3)オブ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報