2019年2月23日(土)

きしむ欧州(下) イタリア 反EUに節度も
東史彦 長崎大学准教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/12/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○予算案の赤字縮小へ公約政策の支出圧縮
○国民もEU財政ルールの完全無視望まず
○度々の財政協定修正で市場評価しづらく

イタリアでは2018年3月の総選挙で、ポピュリスト政党の左派「五つ星運動」と右派「同盟」が躍進した。6月6日にはこれらの政党による連立政権が正式発足した。連立政権は10月、選挙公約の実現を目指す19年予算案を公表し、欧州連合(EU)の欧州委員会に提出した。予算案は最低所得保障…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報