/

この記事は会員限定です

茅陽一(27)読書と音楽

大河小説、人生観に影響 モーツァルトの合唱曲に感激

[有料会員限定]

趣味といえるかどうかわからないが、仕事以外の時間を主に何に使うのか、といわれると、やはり圧倒的に時間が長いのは読書、それも昔から小説を読むのが好きだった。

若い頃、それは大学生から大学の助教授時代の範囲だが、読むことが多かったのは欧米の大河小説だ。その中で自分のものの考え方に影響があったのは、ロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」とサマセット・モームの「人間の絆」だろう。

前者はベートーベンを暗に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン