11/12 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,483,386億円
  • 東証2部 72,752億円
  • ジャスダック 95,189億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.08倍15.71倍
株式益回り6.62%6.36%
配当利回り1.90% 1.91%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,370.19 +38.35
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,350 +50

[PR]

マーケットニュース

フォローする

VIX指数とは 株安懸念で上昇、「20」が節目に
きょうのことば

2018/12/26 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼VIX指数 株価の先行きにどれほどの振れ幅(ボラティリティー)を投資家が見込んでいるかを示す「株価変動率指数」のうち、米国株を対象にした指数のこと。通常、株安が懸念される局面で上昇し、20を超えると不安心理が高まっていると解釈される。その場合、「株価が今後1年間に約7割の確率で上下20%の範囲で変動する」と投資家が予想していることを示す。

2008年の金融危機の際にVIX指数が80超に上昇して注目を集めた。18年2月と10月にもVIX指数の上昇をきっかけに米国株が下落する場面があった。VIX指数の上昇に連動して機械的な株売りを出す「リスク・パリティ」などと呼ばれるファンドが存在するからだ。

日本では「日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)」、欧州では「Vストックス指数」が同様の指数としてある。12月25日の日経VIの終値は前日比6.01ポイント高の32.25と、約10カ月ぶりの高い水準となった。11年の東日本大震災後には70近くまで急上昇したこともある。

【関連記事】
株安連鎖、中銀に試練 引き締め策に市場警戒
「複合株安」市場戸惑い 日経平均のPBRは1倍割れ
米「恐怖指数」が大幅に上昇、2月以来の高水準
クリスマスショック、異常な大納会の予感
米長期金利3.23%に上昇 「適温相場」が終幕

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム