/

この記事は会員限定です

茅陽一(25)政府の仕事

総合的な指針を議論 温暖化ガス「6%減」目標

[有料会員限定]

私は1995年に東大を定年退官するまで33年間は公務員であったから、その意味ではその間日本政府に仕えていたことになる。ただ大学の教師という仕事の性質上、仕事で公務員を意識することはほとんどなく、自由に教育研究を行っていたので、政府との直接のつきあいは各省庁の審議会で起きたといってよい。

最初の依頼は経済審議会の専門委員で71年ごろのことだ。その後、運輸政策審議会などにも招かれたが、最も関係が深かっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン