/

この記事は会員限定です

残念なアート集まれ

美は「迷作」にもあり 愛ある美術館を米で運営 ルイーズ・ライリー・サッコ

[有料会員限定]

女性の頭上にはテレビ。ちょっと頭を突っ込んでいる。そしてテレビからは地球がどーんと飛び出している。

米国の画家フィリス・ベイナートの「テレビとの自画像」は不思議な味わいがある。ブラウン管だから、たぶん少し前の時代なのだろう。人々はテレビを通して世界を知る。そんな当時の情報社会を描いたのだろうか。

この絵は我々が米ボストンで運営する「バッドアート美術館」が所蔵する。フェイスブックに投稿したところ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン