/

この記事は会員限定です

税制大綱 残された課題(上) シェア経済への対応急げ

森信茂樹 中央大学特任教授

[有料会員限定]
ポイント
○北欧などで税務当局が申告書に事前記入
○マイナポータルと電子申告の活用を検討
○税・社会保障改革、雇用的自営業者も重視

インターネット上のプラットフォーム(基盤)を介して、個人が保有する遊休資産(場所、乗り物、空きスペースなど)や労働・スキルなどを個人間でシェア(貸借や売買や提供)するシェアリングエコノミーが世界的に発達している。自らの遊休資産やスキルを活用してそれなりの収入が得られるし、サ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン