GDP速報 改善への課題 積み上げ型推計、誤差拡大
小巻泰之 大阪経済大学教授

経済教室
2018/12/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○新推計でもGDP速報と確報の乖離拡大
○GDP速報から在庫変動推計除外も一案
○地域統計の精度向上に国が関与する必要

総務省統計委員会の下部会合での内閣府と日銀のやり取りなどから「日銀には国内総生産(GDP)の精度への不信感がある」と報じられた。本稿では、四半期GDP(速報)の推計方法の根本的な変更を迫る動きと解釈して議論を進めたい。年次GDP(確報)が経済実態の真値であるとの前提を置けば、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]