/

この記事は会員限定です

茅陽一(22)RITE

新たな研究所 運営担う 温暖化対策に結びつく研究

[有料会員限定]

1990年ごろ、地球温暖化への対応の議論がさかんになって、当時の通産省は、温暖化を長期の技術開発で解決しようという、この省らしい提案を打ち出した。それを「地球再生計画」と名付け、日本だけでなく世界にそうした日本の姿勢をPRしようと努力した。

一つの試みは欧米にこの計画を伝えるためのチームを送りこむもので、私も一役を買って岡松壮三郎立地公害局長(当時)らと欧米を回った。

しかし、PRだけでは意味がな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン