春秋

2018/12/21 1:12
保存
共有
印刷
その他

東野圭吾さんの推理小説、加賀恭一郎シリーズは、人間の嘘やごまかしを巧みに描き読者を引きつける。犯人が罪を逃れるための嘘だけではない。教師が教え子をかばう。芸術家が弱みを隠す。関係者らの嘘でからみあった糸を、刑事・加賀が丁寧に解きほぐしていく。

▼シリーズに、こんな筋立ての作品がある。ある人が仕事を滞りなく済ますため、犯罪とはいえないごまかしをする。その秘密がばれそうになり知人を殺す。疑いを抱いた刑…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]