/

この記事は会員限定です

企業利益と経済成長 設備投資通じた連動性 顕著

中野誠 一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○企業利益総額から将来の成長率など予測
○上場企業利益に基づけば速報性にも強み
○海外事業の拡大で連動性が薄れる傾向も

「企業利益はミクロの話、経済成長はマクロの議論」というのが従来のとらえ方だった。一方、企業利益と経済成長の関係性を分析しようとするのが「マクロ実証会計研究」だ。企業公表の利益を集約した「マクロレベルの会計利益(集約利益=aggregate earnings)」を用いて様々な分析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2802文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン