/

この記事は会員限定です

「父の分まで自分が」と奮起

仕事人秘録 相模屋食料社長、鳥越淳司氏(3)

[有料会員限定]
 1996年4月、雪印乳業(現雪印メグミルク)に入社。最初の配属は群馬県にあった北関東支店だった。

営業担当でしたが、最初の2年はあまり振るいませんでした。人と付き合うのが得意じゃないから当然でした。それでも社内の人たちを集めて飲み会などを企画して、忘年会の盛り上げ役なども買って出て、私なりに社会人生活を頑張っていました。

すると、見かねた隣のグループの課長から「君、仕事以外の飲み会やレクリエーションでは頑張っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン