/

この記事は会員限定です

アットゥシ 紡ぐ木のぬくみ

アイヌ民族伝統の樹皮の織物制作し60年 貝澤雪子

[有料会員限定]

アイヌ民族伝統の樹皮の織物「アットゥシ」。オヒョウやシナの皮を材料とし、仕立てた着物は祭や結婚式といった冠婚葬祭用のほか、普段着にもなる。私は今もアイヌ民族が多く暮らし、その文化が色濃く残る北海道平取町(びらとりちょう)の二風谷(にぶたに)で育ち、60年近くにわたって織り続けてきた。

アットゥシは北海道各地に存在する。中でも道東や道北、胆振(いぶり)、そして二風谷が位置する日高沙流(さる)川流域...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン