2019年1月22日(火)

与党税制改正大綱とは 自民「インナー」が影響力
きょうのことば

経済
2018/12/12付
保存
共有
印刷
その他

▼与党税制改正大綱 翌年度以降に実施する増税や減税、新税の導入といった税制改正の内容をまとめた文書。翌年度予算案の決定に先立ち、自民、公明両党の税制調査会が11月ごろから業界団体や各省庁の要望をふまえて協議する。政府は与党大綱をもとに税制改正の大綱をつくり、税制改正法案を翌年の通常国会に提出する。年度内にあたる3月までの成立をめざす。

税制を見直すには関係者の利害調整が必要になるため、政治主導で決める仕組みになっている。自民党は閣僚経験者や派閥の領袖などで構成する「インナー」と呼ぶ非公式の枠組みが実質的な決定権をもつ。税制改正大綱は与党発案の政策のなかでも実現性が高い文書と位置づけられる。

2019年度改正では、19年10月を予定する消費増税時の駆け込み需要や反動減を防ぐための自動車や住宅を巡る対応が焦点だ。東京都から地方への税収の再配分や自動車にかかる課税にあり方についても結論を出す。

【関連記事】
車への課税、走った距離で 与党税制大綱に検討明記
「自動車は減税だ」 消費税三度目の正直(ルポ迫真)
住宅ローン減税13年に、20年末までの入居対象 政府・与党

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報