映写機を止めるな!
毎日フィルム映画を上映 自ら整備し現役続行 橋本義信

カバーストーリー
2018/12/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1966年から岐阜市の繁華街、柳ケ瀬の映画館で映写技師として働いてきた。映画界ではデジタル撮影・上映が大半になったが、私が勤める「ロイヤル劇場」は全国でも珍しく、常時フィルム映写機を回している。カタカタと鳴る映写機の音はフィルムの命の音。生涯絶やすまいと毎日映写室に通う。

「日本三名泉」の一つで知られる岐阜県下呂市で生まれ育った。実家は町で唯一の映画館を営んでおり、時には旅回りの劇団や浪曲師が舞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]