2019年1月19日(土)

「パリ協定」達成への道は(複眼) ニック・ブリッジ氏/荒木由季子氏/浜中裕徳氏

時論・創論・複眼
2018/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」のルールづくりがヤマ場を迎えている。削減目標の達成を危ぶむ声もあるが、温暖化ガス削減に積極的な欧州と日本で何が違うのか。理想と現実のギャップをどう埋めるか。第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)参加者の声から探る。

◇   ◇

■欧州の関与 揺るがず 英外務省気候変動特別代表 ニック・ブリッジ氏

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が「1.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報