/

この記事は会員限定です

「パリ協定」達成への道は(複眼)

ニック・ブリッジ氏/荒木由季子氏/浜中裕徳氏

[有料会員限定]

温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」のルールづくりがヤマ場を迎えている。削減目標の達成を危ぶむ声もあるが、温暖化ガス削減に積極的な欧州と日本で何が違うのか。理想と現実のギャップをどう埋めるか。第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)参加者の声から探る。

◇   ◇

欧州の関与 揺るがず 英外務省気候変動特別代表 ニック・ブリッジ氏

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が「1.5度特別報告書」で示したように、世界の全ての国がパリ協定に基づき、これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン