/

この記事は会員限定です

茅陽一(9)東大紛争

学生と対話 どっぷりと 激しい議論、取っ組み合いも

[有料会員限定]

米マサチューセッツ工科大学(MIT)留学を1年で終えて東京大学に戻って助教授となった。若手教官時代ですぐ思い出す出来事は学生紛争だ。

1960年に当時の岸内閣が日米の立場をより対等にするためという理由で日米安全保障条約の改正を提案したが、社会党をはじめとする左派はこれに強く反対し、また大学生の間にも反対機運が強まった。

反対派は国会にむけてデモを行い、警官隊と衝突、樺美智子さんという女子学生が亡く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン