逆転の大戦争史 オーナ・ハサウェイ、スコット・シャピーロ著 不戦条約はどう使われたか

読書
2018/12/8 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

本書は、近代以降の戦争に対する国際法の変化と、それがもたらした国際政治への影響を2人の米国人法学者が一般読者向けに書いた著作である。本文だけで600ページ近い大著だが、3部に分けられた全体の構成によって、その主張は簡明に示されている。

17世紀にグロチウスらによって国際法が整備された時には戦争が合法とされ、その構造が第1次世界大戦まで続いた。この旧世界秩序に対して、第2次世界大戦後には戦争を違法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]