4K8K時代が到来 「放送」は生き残れるか
奔流eビジネス (D4DR社長 藤元健太郎氏)

2018/12/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI MJ

放送業界ではハイビジョン放送以来の新規格での放送開始となった「4K8K衛星放送」。4K放送も世界ではまだまだこれからという中で、NHKが長年研究していた8K放送も世界に先駆けてスタートした。実際に4Kの高画質を見ると、眼を見張る美しさとリアルであることは間違いない。筆者は8K映像を見たことがあるが、眼が現実と錯覚したのか、不自然なピントぼけの映像はちょっと気持ち悪くなるくらいのリアルさだった。

新4K8K衛星放送に対応したテレビが並ぶ家電量販店(東京都新宿区)

新4K8K衛星放送に対応したテレビが並ぶ家電量販店(東京都新宿区)

家庭でテレビ番組を視聴したい人は4K対応機への置き換えを進めるだろう。家電量販店のテレビ売り場は、4K対応機ばかりになりつつある。ちょうどアナログ停波やエコポイント需要などでテレビを購入した人の買い替えタイミングにもなるため、買い替えする人は増えていくだろう。

問題は、放送のためのアンテナ設備など「テレビ放送」がちゃんと見られるのか、ということだろう。ハイビジョンへの切り替えの頃と比べてもテレビを取り巻く環境は劇的に変化した。

ネットフリックスやアマゾンプライムなどインターネット動画勢は、積極的に4K対応コンテンツを配信している。現在4K対応テレビを購入した人たちが楽しんでいるのは、ネット配信動画のコンテンツだ。

ふじもと・けんたろう 電気通信大情報理工卒。野村総合研究所を経て99年にフロントライン・ドット・ジェーピーを設立し社長。02年から現職

ふじもと・けんたろう 電気通信大情報理工卒。野村総合研究所を経て99年にフロントライン・ドット・ジェーピーを設立し社長。02年から現職

テレビ画面を占有しているのはもはやテレビ放送だけではない。若者の間ではスマートフォン(スマホ)やタブレットで動画を視聴する生活スタイルが定着し、そもそも自宅にテレビがない世帯も急激に増加している。地上波の人気ドラマもスマホのネットサービスで視聴できる。テレビ放送のキラーコンテンツでもあるスポーツでも、動画配信のDAZN(ダゾーン)がJリーグの10年感の放送権を総額2100億円で取得。放送局の目玉コンテンツがネットサービスに奪われたことは衝撃だった。

ネットサービスの特徴は視聴者に課金し、視聴データに基づいた独自のコンテンツ開発をしているところだ。ネット同時配信を目指しているNHKは、ネットフリックスと十分戦えるコンテンツ制作能力を有しており、魅力的な4K8Kコンテンツ開発が進むだろう。

広告モデルに依存している民放各局はどうだろうか。スポンサーの意向で4K対応を進めていくだろうが、そこまで投資をしても放送収入が増えるわけではない。

携帯電話の次世代規格「5G」で8Kのネット配信が可能となる。貴重な電波を放送波に使う意味も問われるようになるだろう。NTTの固定電話網が2025年に終了し、すべてIP網になるように、いずれ通信と放送が融合するのではなく、通信が放送を飲み込む形になることも意外と現実的な話なのかもしれない。

[日経MJ2018年12月7日付]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]