2019年6月27日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,086.59 -107.22
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,050 -30

[PR]

投資番付

フォローする

国内REIT型投信の運用堅調 短期では株式と逆相関
投信番付

2018/12/6 13:59
保存
共有
印刷
その他

10月以降、日経平均株価が調整する中、国内REIT(不動産投資信託)相場は堅調に推移している。需給の改善に加え、オフィスを投資対象とする銘柄を中心に分配金を引き上げる動きが出ているのもその要因だ。国内REIT型投資信託の10月末時点の過去1年の運用成績を調べると、上位ファンドの上昇率は2ケタ台だった。

首位は三井住友トラスト・アセットマネジメント「J-REIT・リサーチ・オープン(年2回決算型)」で、同投信の毎月決算型が2位。不動産研究を手掛ける三井住友トラスト基礎研究所から助言を受け、銘柄調査と市場分析に基づき投資する。オフィスや商業施設などに幅広く投資する総合型REITの組み入れが6割を超える。

短期では国内株と逆の動きをしている国内REIT。だが長期で見ると株式との相関性は高い傾向にある。分散投資の観点から2つの資産を組み合わせても、債券を組み合わせるよりもリスク低減効果は劣るようだ。

(ファイナンシャルリサーチ代表 深野康彦)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム