/

この記事は会員限定です

トナカイは魚がお好き

ロシア少数民族ハンティの生活を調査しびっくり 大石侑香

[有料会員限定]

30センチ超もある魚を無造作にトナカイの群れの中に投げ入れると、わらわらと集まってきてむさぼり食う。2011年、ロシア・西シベリア。少数民族ハンティの人々の暮らしを文化人類学者として調査するため、初めて現地に赴いた私は、彼らのトナカイ牧畜の様子を目の当たりにして開いた口がふさがらなかった。

* * *

ワイルドな餌やり

「トナカイは草食で、コケなどを食べる」と思われがちだが、実は雑食だ。漁労と牧畜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン