/

この記事は会員限定です

非メジャー活況の光と影 回顧2018 映画

[有料会員限定]

是枝裕和「万引き家族」と上田慎一郎「カメラを止めるな!」。2つの非メジャー映画の大ヒットは様々な意味で日本映画の現状を象徴する事件だった。

「万引き家族」はカンヌ国際映画祭で日本作品として21年ぶりに最高賞パルムドールを受賞。オリジナル作品を中心に撮り続け、着実に地歩を築いてきた56歳の是枝が、過去の蓄積をすべて込めたような気迫があった。日本の非メジャーとしては大きな予算をかけ、力のある俳優をそろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン