/

この記事は会員限定です

新世代の旗手が躍進 回顧2018 音楽

[有料会員限定]

指揮者の大野和士が9月から新国立劇場のオペラ芸術監督に就任し、東京都交響楽団音楽監督の任期も2023年まで延長された。日本を代表するオペラ劇場とオーケストラのトップを兼任し、日本クラシック界の顔になった。

その大野率いる都響やパーヴォ・ヤルヴィが首席指揮者を務めるNHK交響楽団をはじめ、首都圏のオーケストラはいずれも技術、表現の両面でレベルアップし、成熟期を迎えた感がある。有名曲と一般にはなじみの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン