アベノミクスの行方(下) 円高阻止で生産の勢い維持
本多佑三 大阪学院大学教授

2018/12/3 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○日銀の適切な対応により2度の危機回避
○名目実効為替レートと生産は密接に関係
○資金供給量の増加ペースの鈍さ気がかり

安倍政権の経済政策「アベノミクス」がスタートしてほぼ6年が経過しようとしている。目標としていた2%のインフレ率は達成されていないが、雇用は一貫して改善を続け、緩やかではあるが生産もほぼ順調に拡大してきた。本稿では日本経済の現状を点検し、今後の見通しについて主に金融面から考察す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]