/

この記事は会員限定です

批評性と娯楽性 併せ持つ 回顧2018 文学

[有料会員限定]

芥川賞は純文学、直木賞はエンターテインメント小説が対象とされる。今年、女子大生が父親を殺したとされる事件をめぐるミステリー「ファーストラヴ」で第159回直木賞を受賞した島本理生は芥川賞候補にも4回なっている。平成は文学ジャンルの垣根が低くなった時代といえそうだ。

芥川賞選考委員を務める奥泉光の長編「雪の階(きざはし)」(柴田錬三郎賞など)も複数の領域にまたがる作品。昭和初期の華族と軍人の関係を描い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン