/

この記事は会員限定です

多川俊映(28)興福寺の今後

そろそろ五重塔を修理 いずれは中門や回廊再建も

[有料会員限定]

ここで改めて興福寺の「履歴書」をおさらいしてみる。創建は和銅3年(710年)、本願は藤原不比等公。この年の3月に平城遷都があった。不比等公が遷都を企画主導したのは定説だ。平城宮と興福寺の直線距離は3.5キロ。春日野と呼ばれる春日山の西麓は丘陵地で興福寺は西南端に建っている。

その高みから西を見れば平城宮の中心部が一望でき、平城宮の中心部から東を見ると丘陵地の先端の興福寺の堂塔が望める。

この双方向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン