春秋

2018/11/24 1:25
保存
共有
印刷
その他

権勢の頂に座した快感があふれる。娘が相次ぎみかどのきさきとなった喜びを藤原道長が詠んだ。「この世をば我が世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば」。ちょうど千年前、今の暦に直せば11月の満月の日だったという。出張先で目にした京都新聞にあった。

▼きょう24日は満月の1日後で、みやびやかに言うならば「いざよいの月」。東の空へのお出ましも50分ほど遅めで、少し欠けてはいるものの、晴れていれば、往時と…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]