2018年12月12日(水)

防衛費とは GDPの1%以内が目安に
きょうのことば

政治
2018/11/24付
保存
共有
印刷
その他

▼防衛費 防衛装備品の取得費や自衛隊の人件費など防衛省が所管する予算。2018年度予算は5兆1911億円で、第2次安倍政権下で4年連続過去最大を更新している。過去に契約した米国からの高額な装備品の支払いが総額を押し上げる要因になっている。

日本の歴代内閣は防衛費を国内総生産(GDP)比でほぼ1%以内に収めてきた。1976年の三木内閣で国民総生産(GNP)比1%を「超えない」と閣議決定した。中曽根内閣が撤廃し87~89年度予算では1%を超えた。現在もGDPを基準にした枠は定めていないものの、90年度以降1%を超えたのは10年度だけ。

今後算定する防衛省以外の省庁が所管する予算を含む北大西洋条約機構(NATO)基準の防衛関連経費は1%を超える見通しだ。自民党は5月にまとめた提言でNATOが各国に求めるGDP比2%を参考に大幅な予算拡充を求めているものの、政府は「GDP比目標は適切ではない」と主張している。

【関連記事】
防衛費、NATO基準も 米要請受け関連経費を合算
GDP2%「現実的でない」 防衛費巡り防衛相
防衛装備品、なぜ価格が上がる?
「防衛力」様変わり 大綱・中期防改定 安保環境に対応
日本の周辺、軍事費増強 中国に呼応し東南アジアも

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報