/

この記事は会員限定です

多川俊映(25)法相柱

14人の祖師画 平成の再興 全国巡回し原画を展覧

[有料会員限定]

1982年は法相宗の宗祖、慈恩大師の1300年ご遠忌の年だった。大師の法流につながる慈恩末資として、何か報恩謝徳の微志を示すべきだと考え大師の画像を集成した一書の出版を企画した。

それが同じ法相宗の薬師寺と合同で刊行した「慈恩大師御影聚英(みえいしゅうえい)」(法蔵館)だ。言い出しっぺの私は画像撮影の立ち会いから原稿の取りまとめ、関連年表の作成や題字の選定まで手掛けた。同時に「慈恩会の歴史と現況」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン