/

この記事は会員限定です

厳島神社の信仰を慈しむ

約160点の絵馬や祭礼を40年にわたり調査・研究 原田佳子

[有料会員限定]

瀬戸内海に浮かぶ厳島神社(広島県廿日市市)は1996年、原爆ドーム(広島市)とともに世界遺産に登録された。神社は飛鳥時代の創建と伝わる。厳島(宮島)では年間六十数回の祭礼が営まれ、神社は「平家納経」などの国宝・重要文化財や数多くの面、装束を所蔵する。奉納された絵馬も長い歴史を示す。

広島県立美術館(広島市)の学芸員だった私はその後、広島女学院大学に移り、近代デザインの創始者ウィリアム・モリスの研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン