/

この記事は会員限定です

「国際会計基準」の現状と課題 信頼感醸成、適用拡大の鍵

西川郁生 慶応義塾大学客員教授

[有料会員限定]
ポイント
○日本は連結財務諸表で任意適用積み上げ
○米会計基準やIFRSはのれん償却不要
○IFRS定着へ監査法人も信頼感高めよ

上場企業などが公表する財務報告の主たる目的は、投資家の意思決定に有用な情報を提供することといわれる。その際に会計基準は、財務報告が投資家の意思決定に有用となるように導く役割を担う。

20世紀後半には、主要各国が諸法規と同様に、自国で会計基準を作成していた。意思決定に資する会計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン