10/27 16:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,185,730億円
  • 東証2部 67,880億円
  • ジャスダック 97,479億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.66倍24.68倍
株式益回り5.08%4.05%
配当利回り1.96% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,485.80 -8.54
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 +10

[PR]

マーケットニュース

フォローする

役員報酬とは 取締役らの報酬、株主総会での決議必要
きょうのことば

2018/11/21 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼役員報酬 取締役や監査役の報酬は従業員と異なり、株主総会での決議が必要になる。会社法では役員報酬を(1)額が確定しているもの(2)額が確定していないもの(3)金銭ではないもの、に分けている。

月額報酬など額が確定している報酬は総会で役員全員分の総額を決議し、配分は取締役会に委任するのが一般的だ。日産は2008年の総会で、総額で29億9000万円以内と決議した。この決議には期限の定めがない。配分について日産は有価証券報告書の中で、企業報酬コンサルタントによる多国籍企業の役員報酬の調査を基に決めていると説明している。

額が確定していないSAR(ストック・アプリシエーション権)については、日産は13年と15年の総会で決議している。毎年600万株相当分を上限として、株価が設定価格を上回っていれば、その差額を受け取れるとの算定方法を示した。詳細については取締役会に一任するとしていて、誰にどのくらい付与するかといった配分についての定めはない。そのためゴーン氏が実質的に差配できるようになっていたとみられる。「経営トップが自らの報酬を決められる体制は企業統治上、問題が大きい」(山口利昭弁護士)との指摘は多い。

【関連記事】
株価連動報酬、40億円分を不記載 ゴーン会長
ゴーン会長ら逮捕 約50億円の報酬過少申告の疑い
ゴーン会長、高給批判を意識か 開示義務化後に不正
ゴーン会長不正、側近2人が実行役 家族旅行にも経費
日産、過去の有価証券報告書訂正へ 規模が焦点

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム