スペシャル

フォローする

岡村正氏「ラグビー日本代表、勝ちきる力つける」
日本ラグビー協会会長

2018/11/20付
保存
共有
印刷
その他

ラグビーとビジネスをテーマにしたフォーラムが10月31日、東京都内で開かれ、日本ラグビー協会の岡村正会長が協会の取り組みなどについて講演した。

岡村正氏

岡村正氏

2015年のW杯で日本代表が南アフリカを劇的に撃破してからもう3年がたった。来年のW杯までは残り1年。日本ラグビー協会としてもやるべきことをしっかりしたい。

ミッションの一つが代表強化である。日本の力はついてきているが、強いチームに勝ちきるところまで行っていない。そこに大きな課題がある。ぜひともこの壁を打ち破るべく、残り1年の強化を頑張りたい。

2つ目のミッションは、どう立派なレガシーを残すかである。青少年にラグビー精神や、ラグビーとは品位の高いスポーツであるということを知ってもらう。

世の中ではやや危険なスポーツと見られがちではあるが、そのイメージを払拭するため、(タックルなしの)タグラグビーを(小中学校などで)教えることを通じて、ラグビーの良さを伝えられればいい。国際交流を通して、アジアにもラグビーを普及したい。

2015年のラグビーW杯で南アを破り喜ぶ日本の選手ら=ロイター

2015年のラグビーW杯で南アを破り喜ぶ日本の選手ら=ロイター

ハード面のレガシーは、日本で不足しているラグビー専用グラウンドの整備だ。国や自治体の協力で、釜石、熊谷、花園と素晴らしいラグビー場ができあがった。

肉体と肉体がぶつかり合うところを目の当たりに見られる、素晴らしいスタジアムだ。青少年もこういうところでラグビーを見たいと思ってくれるだろう。これをきっかけに、日本全国で素晴らしいラグビー場ができることを期待している。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
フィジーにある母の故郷で、親族らに囲まれるラグビー日本代表主将のリーチ(中央)=中尾悠希撮影


 「WELCOME HOME」。風に揺れる垂れ幕に触れ、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将がほほ笑む。8月中旬、リーチはフィジーにある母の故郷を訪問。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会 …続き (8/29)

実行委員長の杉本氏(左)は記者会見で下鴨神社や平尾さんへの思いを語った。右は坂田・関西ラグビー協会会長(8月7日、京都市)

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕(9月20日)まで1カ月あまり。盛り上げに一役買おうと、関西のラグビー関係者が大会最終日の11月2日、世界遺産の下鴨神社(京都市)で決勝のパブリックビュー …続き (8/17)

思いも寄らぬ策を講じる鬼才・ブラウンコーチ

 「私の右腕」。ラグビー日本代表ヘッドコーチ(HC)のジェイミー・ジョセフが絶大な信を置く人物がいる。攻撃担当コーチのトニー・ブラウン。「三国志」の劉備と軍師・諸葛亮孔明のように息の合ったコンビである …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]