スペシャル

フォローする

森喜朗氏「日本のラグビー、後発組でない」
日本ラグビー協会名誉会長

2018/11/20付
保存
共有
印刷
その他

ラグビーとビジネスをテーマにしたフォーラムが10月31日、東京都内で開かれ、日本ラグビー協会の森喜朗名誉会長がラグビーの魅力などについて講演した。

森喜朗氏

森喜朗氏

ラグビーの特長は、一度見たらやめられなくなるところだ。やったら絶対やめたくない。年を取ってもやりたい。80、90歳になってもやっている。どうやってケガしないようにやるのか。(選手のはく)パンツの色が違う。自分より年齢が高い人が走っていると思ったら、タックルしないようにしたりする。あれだけ大胆でありながら、心細やかにやらなきゃならない。だから面白い。

見ていてもそう。試合をご覧になると分かるが、スタンドの風景が野球やサッカーと全く違う。極めて家族的。みんなで見て楽しんでいるのがラグビー独特の雰囲気だ。

英国中心の伝統国は我々を「後発国」という。違うんですよ。記録によって色々あるが、日本のラグビーは120年の歴史を持つ。

京都の下鴨神社の中に馬場がある。そこでやぶさめが行われたりする。その糺ノ森にある馬場で1910年だったろうか、慶大と三高(今の京大)がラグビーをした。

それを日本のラグビーの「第一蹴の地」として、下鴨神社の神主さんがラグビーの社をつくっておまつりされ、一生懸命、宣伝していらっしゃる。

「第一蹴の地」の碑のそばに再興された下鴨神社の雑太社

「第一蹴の地」の碑のそばに再興された下鴨神社の雑太社

日本のラグビーは古い歴史があるのに、英連邦は後発組としてラグビーの歴史に入れていない。だからW杯の誘致を命懸けでやった。初めてアジアでできることは本当に素晴らしい。

それができるだけで私の人生は良かった。政治家もやった。評判も良くなかったが総理大臣もやった。でも一番良かったのは、ラグビーW杯が来年行われること。

がんを患っていていつ倒れるかわからないが、もう何も後顧の憂いなし。御手洗さんをはじめ、経済界がバックアップしてくれていることに感謝したい。日本の次を担う若者に対して何をしなければならないか、という見地に立ってラグビーを応援してもらいたい。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
フィジーにある母の故郷で、親族らに囲まれるラグビー日本代表主将のリーチ(中央)=中尾悠希撮影


 「WELCOME HOME」。風に揺れる垂れ幕に触れ、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将がほほ笑む。8月中旬、リーチはフィジーにある母の故郷を訪問。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会 …続き (8/29)

実行委員長の杉本氏(左)は記者会見で下鴨神社や平尾さんへの思いを語った。右は坂田・関西ラグビー協会会長(8月7日、京都市)

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕(9月20日)まで1カ月あまり。盛り上げに一役買おうと、関西のラグビー関係者が大会最終日の11月2日、世界遺産の下鴨神社(京都市)で決勝のパブリックビュー …続き (8/17)

思いも寄らぬ策を講じる鬼才・ブラウンコーチ

 「私の右腕」。ラグビー日本代表ヘッドコーチ(HC)のジェイミー・ジョセフが絶大な信を置く人物がいる。攻撃担当コーチのトニー・ブラウン。「三国志」の劉備と軍師・諸葛亮孔明のように息の合ったコンビである …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]