/

この記事は会員限定です

「インド太平洋」の同床異夢(複眼)

リチャード・フォンテーン氏/ビラハリ・カウシカン氏/田中明彦氏

[有料会員限定]

日米両政府はこのほど、インド太平洋地域での最大8兆円のインフラ投資で合意した。念頭には「一帯一路」の経済圏構想や軍事力で同地域に攻勢を強める中国がある。日米のほか、当事者たるアジア各国の視点はどこで一致し、あるいはずれているのか。日米アジアの専門家に聞く。

◇   ◇

中国にらみ安保で対抗 新米国安全保障センター(CNAS)理事長 リチャード・フォンテーン氏

「自由で開かれたインド太平洋」の構想を考える際、最初の疑問は、なにを自由で開かれたものにするかだ。仮に通商を指すとすれば、常にそれが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4061文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン