米経済ひとり勝ちは続くか トランプ要因 先行き不透明
竹森俊平 慶応義塾大学教授

経済教室
2018/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○世界的な貯蓄過剰を好調な米経済が吸収
○米の大減税策と対中貿易戦争が波乱要因
○大統領の行動への不安が超ドル高を抑制

2008年のリーマン・ショック前の世界的経済状況は「貯蓄過剰」という言葉でしばしば表現された。性質は若干変化したが、この表現は現在もある程度当てはまる。

生産の成果が所得として分配された後、一部だけが「消費」として支出に回り、一部は「貯蓄」される。このままでは支出は貯蓄分だけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]