2019年8月19日(月)

マイゴルフ

フォローする

アドレス 体固めず自然な構え
市原弘大(5)

2018/11/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

アドレスは基本的には両肩、胸、腰、両膝のラインを狙った方向にスクエアで構える。だが試合になると、打ちやすくするため「真っすぐ」にこだわらない。僕の持ち球はドローなので、例えば出球を左に出したくない時は完全にクローズにしてスタンスなりに振っていったりする。

プレッシャーがかかった際や調子の悪い時は力みがちになるし、真っすぐ飛ばしたいと思うと体が前かがみになりやすい。リセットするためにもクラブを体の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
アプローチでは手が緩まず、ボールに当てにいかないことが重要だ

 プロ入り当初はアプローチが大の苦手。グリーンを外したら、てんでカップに寄らなかった。僕はサンドウエッジはフルショットで100ヤード飛ばしたかったので56度を使っていたが、スピンを利かせるのがちょっと …続き (8/16)

球をしっかりつかまえたい時は、フェースをかぶせ、体を開かないように止めて打てばいい

 アイアンはウッドのように拾うのではなく、ダウンブローで打っている。アマの方は、ボールと地面の間にクラブをきれいに入れるのは難しいだろうが、僕は物心ついたときからクラブを握っているので、ひたすら練習す …続き (8/9)

ラフからの場合は、球が浮いたような状態でなければウッドは握らない

 キャディーバッグの中にウッド系クラブは4本。3番、5番ウッドと3番、4番ユーティリティー(UT)を入れている。飛距離の目安はそれぞれ240~250ヤード、230ヤード、215~220ヤード、200~ …続き (8/2)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。