最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,424.81 +32.95
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,470 +100

[PR]

投資番付

フォローする

年初来の基準価格上昇率 医療・テクノロジー上位に
投信番付

2018/11/15 13:50
保存
共有
印刷
その他

米国の長期金利の上昇や中間選挙への思惑などから世界の株式相場は荒れ模様となった。その中で好成績を上げているのは特定の分野に絞って投資するテーマ型の投資信託になる。

年初来の基準価格上昇率(課税前分配金の再投資ベース)を11月8日時点で比較したところ上位10本には医療関連やテクノロジー関連の銘柄に投資するファンドが並んだ。8本は株式で運用するタイプだ。国内の不動産投資信託(REIT)への投資と通貨取引を組み合わせたタイプや原油先物指数に連動する投信もランクインした。

トップはフィデリティ投信の「世界医療機器関連株ファンド(ヘッジなし)」の24.1%だった。世界の株価の動きを示す「MSCIオール・カントリー・ワールド指数」の年初来リターン0.5%(配当込み、円換算ベース)を大きく上回る。10月の世界的な株安局面で値下がりしたものの11月に入り回復傾向にある。同ファンドの為替ヘッジありコースも3位に入った。

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム