/

この記事は会員限定です

ポスト平成の会社像は(複眼)

高岡浩三氏/山口周氏/太田肇氏

[有料会員限定]

平成も残り半年を切った。バブル崩壊後、隆盛を誇ったニッポンの会社は競争力を落とし、不祥事が相次いでいる。主な原因は成功体験の呪縛が強く、組織や働き方が硬直的だからだ。ポスト平成へ新たな経営パラダイムを構築できるのか。経営者と識者に問題点と再生の条件を語ってもらった。

◇   ◇

大変革は考える組織から ネスレ日本社長 高岡浩三氏

常に新しい現実を見ないといけない。例えば世間は人手不足と言うけど、むしろ人余りだと思う。ロボット化、人工知能(AI)化が進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン