2019年4月20日(土)

四国に「ウユニ塩湖」あり 父母ケ浜(香川県三豊市)
おもてなし 魅せどころ

コラム(ビジネス)
2018/11/11付
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI MJ

湖面に空や人を映し出し、天空の鏡として知られる南米ボリビアのウユニ塩湖。そんな雰囲気の写真が撮れるとして、香川県三豊市の海水浴場「父母ケ浜」が話題を集めている。夕暮れ時に撮影した写真が交流サイト(SNS)で広まり、地元の人も魅力に気づいてなかった場所が観光地となった。

夕暮れ時の写真がインスタ映えするとして父母ケ浜に観光客が集まる

夕暮れ時の写真がインスタ映えするとして父母ケ浜に観光客が集まる

10月下旬の夕暮れ時。瀬戸内海に面する約1キロメートルの海水浴場の駐車場は満車に近い状態だった。砂浜では男女が腰を低くしてカメラやスマートフォンを構え、潮だまりを挟んで反対側の恋人や友人に「ジャンプして」「傘を広げて」と指示していた。

岡山県倉敷市から来た社会人カップルは写真共有サイト「インスタグラム」で父母ケ浜を知り、初めて訪れた。男性(22)は「すごくきれいで、みんな本気で撮影しているのがうなずける」と感激した様子。父母ケ浜は干潮時に多数の潮だまりが出現し、鏡のようにあたりを映し出す。特に夕暮れ時はオレンジの色合いに幻想的な情緒が漂う。

三豊市観光交流局によると、海水浴以外で父母ケ浜を訪れる人は2016年までは月に数十人だった。ところが18年5月には約2万人が訪れるようになった。

きっかけは1枚の写真。地元の写真コンテストに、夕暮れ時の父母ケ浜の潮だまりに2人の少年の姿が映る写真が16年に届いた。現在は観光交流局に勤める石井紫さんが興味を持ち、地元のカメラマンと撮影条件を探った。そして(1)干潮時(2)夕暮れ(3)風がない――の3条件を見つけだした。

石井さんらは17年4月に父母ケ浜のPRを始める。撮影方法や、干潮と日の入り時刻が重なる時期をホームページで公開した。11月なら20~24日が撮影に最適な時期だ。

父母ケ浜には外国人の姿も目立つようになり、観光局は訪問者の約2割を占めるとみる。高松空港との間で国際便がある香港、台湾などからの観光客が多い。

観光局は1月に香港と台湾で旅行商談会に参加し、父母ケ浜とともにサクラの名所「紫雲出山(しうでやま)」を紹介した。9月にも香港を訪れ、カメラマンが撮影方法を指導するサービスをアピールした。

「父母ケ浜の周辺で宿泊施設やカフェなどの新設の動きが出てきた」と石井さんは手応えを感じている。父母ケ浜を核として、周遊性を高める新たな観光プランの開発を進めていく。

(高松支局 辻征弥)

[日経MJ 観光・インバウンド面 2018年11月11日付]

春割で日経MJが5月末まで無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで、独自に取材。「日経MJ」が紙面ビューアーで読めるサービスが、春割で5月末まで無料でお試しいただけます。無料期間中はいつでも解約OK

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報