/

この記事は会員限定です

グリップ 軽く握り ヘッド走らせる

市原弘大(4)

[有料会員限定]

僕のグリップはオーソドックスなオーバーラッピングだ。中高生の頃は、飛距離を出したくてフックで握っていたが、その後は自然にスクエアに戻った。左手は人さし指、中指、薬指の3本で軽く握る程度で、右手は添えているだけ。左手の小指を意識すると左腕の内側の筋肉がロックしてしまう感じになる。スイングが硬くなり、振り下ろしづらさも感じるので、強く握りすぎないよう心がけている。

アドレスでは体(顔)の正面でクラブを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン