/

この記事は会員限定です

アコーディオン 荘厳な奏

プロのクラシック奏者として50年 現代音楽も委嘱 御喜美江

[有料会員限定]

アコーディオンという楽器は小学校や中学校にも置かれるくらい、よく知られている。NHKのど自慢の伴奏を思い浮かべる人も多いのではないか。

♪ ♪ ♪

マイナーといえる世界

しかし、私がクラシック音楽のアコーディオン奏者だと言うと、大半の人は意外そうな表情をみせる。ポピュラー音楽の楽器と思われていて、日本ではクラシックとアコーディオンが全く結びつかないのだ。私はそんなマイナーともいえる世界でプロとして5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン