/

この記事は会員限定です

多川俊映(7)ウンピン先生

漢文の授業 熱心に聞く 生徒イタズラ 絶妙な距離感

[有料会員限定]

帝塚山学園でもっとも印象深いのは、古典・漢文のウンピンこと梅田宇之助先生だ。ウンピンは雲濱の音読みで先輩たちが付けたあだ名である。江戸時代末期の儒学者で尊皇攘夷を唱えた幕末の志士・梅田雲濱に由来する。同姓ということだけだが、先生ご自身、このあだ名をけっこう気に入っていた節がある。

長身で度の強い眼鏡をかけた、もの静かな中年の教師だった。つねに飄々(ひょうひょう)、駘蕩(たいとう)とした人となりで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン