2019年5月25日(土)

角土俵 ノコッタノコッタ
岡山・勝央町に唯一現存、500年以上の歴史を守る勝負 植月佐広

カバーストーリー
2018/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

室町後期に設けられ、500年以上受け継がれる四角い土俵がある。中国山地を間近に望む岡山県勝央町(しょうおうちょう)の植月地区で、全国で唯一現存する角土俵での相撲競技が続く。勝央町出身で教員だった私はその歴史を調べ、戦後の角土俵を見守ってきた。

大相撲でおなじみの土俵は今では円形が当たり前だが、かつては四角だったという。例えば「角力」と書いて「すもう」と読み、業界のことを今でも「角界」と呼んだりす…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報