日経広告賞 最優秀賞は内閣府と大日本除虫菊

2018/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

第67回日経広告賞(2018年)で大賞となったクボタは農業や水処理、環境保全などに利用する製品をシリーズで紹介した。海外の自然景観を取り入れた写真が目を引く。小林保彦審査委員長は「活躍の場をグローバルに広げる企業姿勢と製品機能を美しく表現した」と講評した。

最優秀賞は内閣府と大日本除虫菊に決まった。

内閣府の作品は地方活性化のための廃校利用を呼びかけた。「もう一度、学校で仲間と楽しく過ごそうとい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]