好調景気に潜むリスク(下) 海外発危機に抵抗力乏しく
宮川努 学習院大学教授

経済教室
2018/11/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○貿易摩擦と新興国危機が海外の懸念要因
○政府は現状のビジネスモデルの維持優先
○戦後最長の景気回復の成果を失う恐れも

安倍晋三首相は9月、自民党総裁選で3選を決めた。しかしこれまでの総裁選での選出時のような高揚感は伝わってこない。2012年の選出時には自民党は野党であり、「アベノミクス」の源流となる経済政策を掲げて政権奪還を目指すという気概にあふれていた。無投票再選された15年にはアベノミク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]