2019年7月21日(日)

スマホ決済とは 店側の導入負担小さく
きょうのことば

2018/11/2 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼スマホ決済(スマートフォン決済) スマートフォン(スマホ)を使った現金を伴わない決済手段をさす。利用者が専用アプリをダウンロードしておいて会計時にQRコードを表示し、店側の端末で読み取る方式が多い。スマホやタブレットを読み取り端末にすることもできる。専用端末が必要な交通系ICカード「Suica(スイカ)」やクレジットカードなどに比べて店側の初期費用が小さい。

2015年の日本のキャッシュレス決済比率はクレジットカードを含めても2割程度だった。経済産業省はこの割合を27年に4割に引き上げる目標を立てている。政府は中小の店舗でキャッシュレス決済をすると消費増税分をポイントで還元する制度を検討しており、市場の拡大が見込まれる。

国内では参入企業が相次ぎ、乱戦模様となっている。通信会社ではNTTドコモが4月に「d払い」を、ソフトバンクは10月にヤフーと「ペイペイ」を開始した。ネット通販の楽天やアマゾンジャパン(東京・目黒)のほか、対話アプリのLINEなども手掛けている。独自サービスとの相乗効果をどう出せるかが生き残りのカギになっている。

【関連記事】
KDDI・楽天が提携 スマホ決済や電波乗り入れ
スマホ決済を味方に サービス続々、募る危機感
決済電子化で税優遇 政府検討「QR」など導入促す
「QRコード? 何それ?」 キャッシュレスNOW
スマホ経由の消費、4割増の4万1700円 本社調査
中国スマホ決済、日本の観光地に アリババやテンセント
キャッシュレス社会、真の主役は…(投資テーマを斬る)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。