/

この記事は会員限定です

多川俊映(2)団塊の世代

命懸けの超高齢出産 出産祝いの控え「玉子・砂糖」

[有料会員限定]

1947年(昭和22年)3月6日に奈良市に生まれた。興福寺境内の子院、興善院で父、乗俊(じょうしゅん)、母、貞子(さだこ)の3男である。名前は俊文(としふみ)。後年、団塊といわれ、どこにでも、うようよいる世代だ。

私を産んだとき、母は42歳。今でも高齢出産といっていいが、戦後間もない栄養不足の時代であることを考えれば、まさに超高齢出産だ。今も大事に保管している「妊産婦手帳」には「陣痛微弱、鉗子(か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン