2019年9月19日(木)

マイゴルフ

フォローする

18年目で初優勝 浮き沈みの多いゴルフ人生
市原弘大(3)

2018/11/1付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

パットに連動したショットイップスは、ダウンスイングでクラブをうまく下ろせず、パー3で隣ホールに打ち込むこともしょっちゅう。それでもキャディーのバイトに精を出すことで「稼いでいるんだから」と気持ちに余裕をもたせ、「病気」との付き合い方も覚えた。2009年には下部ツアーで「裏シード」を獲得。翌10年はアジアや下部ツアーと並行してフル稼働、初の賞金シードをつかんだ。

浮き沈みが大きいのが僕のゴルフ人生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
7月の全英オープンでは自分らしいゴルフで予選を突破した

 昨年の日本オープン初優勝で5年シードを手にした。とはいえ、ゆとりは感じたくはない。1年1年が崖っぷち、「賞金シード獲得は最低ライン」と自分に言い聞かせている。今季は先週まで国内ツアー12戦で予選落ち …続き (9/13)

体の右に壁をつくって、ボールをつかまえやすくする

 大会前の練習ラウンドは、じっくり練習したいので一人で回ることが多い。時間が合えば、同じ九州の時松隆光選手と一緒に回ったりもする。

 まずティーショットを打っていい方向、ダメな方向をチェックする。グリー …続き (9/6)

パターのフェース面が返らないように気をつけている

 パッティングではプロ入り前からクロスハンドで握っている。アマの試合中、順手で入らないのに業を煮やし「変えちゃおう」と。クロスでも入らなかったけど、順手よりはましだ。右手はあまり使わず、左手で始動する …続き (8/30)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。